スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Rossana / ロザーナ (TOTO / トト ) 1982



All I wanna do
when I wake up in the morning
is see you eyes
Rosanna, Rosanna
I never thought that a girl
like you could ever care for me,
Rosanna

先ず、朝目覚めたら
君の瞳を覗きこむのさ
ロザーナ ロザーナ
こんな僕を気にかけてくれたなんて
思いももよらなかったさ
ロザーナ

All I wanna do
in the middle of the evening
is hold you tight
Rosanna, Rosanna
I didn't know you were looking for
more than I could ever be

真夜中には君を抱きしめるんだ
ロザーナ、ロザーナ
でも、僕以上のものを求めていたなんて

Not quite a year since she went away,
Rosanna yeah
Now she's gone and I have to say

君が去って1年足らず
ロザーナ
君がいなくなって口に出るのは

Meet you all the way,
meet you all the way,
Rosanna
Meet you all the way,
meet you all the way,
Rosanna

君に逢いたくて仕方ない
必ず君と出会う
ロザーナ
きっと君と再会してみせる
絶対に君ともう一度
ロザーナ

I can see your face still shining
through the window on the other side
Rosanna, Rosanna
I didn't know that a girl
like you could make me feel so sad,
Rosanna

未だに君の顔が窓の向こうに
まぶしく想い浮かぶんだ
ロザーナ ロザーナ
君のことでこんなに悲しくなるなんて
ロザーナ

All I wanna tell you is now
you'll never ever have to compromise
Rosanna, Rosanna
I never thought that losing you
could ever hurt so bad

もう自分を曲げなくてもいいんだよ
ロザーナ ロザーナ
君を失うことがこんなに辛い事だなんて

Meet you all the way,
meet you all the way,
Rosanna
Meet you all the way,
meet you all the way,
Rosanna

何としても君に出会うんだ
絶対再会してみせる
ロザーナ
君に逢いたいんだ
君のことを受け入れるよ
ロザーナ

(Instrumental break)

Meet you all the way,
meet you all the way,
Rosanna
Meet you all the way,
meet you all the way,
Rosanna

君に会いたくてしかたない
君ともう一度
ロザーナ
君と必ず再会して見せる
君が忘れられないんだ
ロザーナ

Writer(s) David Paich

Released in 1982
US Billboard Hot100#2(5)
From The Album "TOTO IV"


Blu-spec CD TOTOIV~聖なる剣

またまた、TOTOの登場です。TOTOが1982年に発表した2枚目のアルバム
『TOTO IV~聖なる剣』にからのシングルカット

この曲はビルボードのホット100で1位には輝かなかったものの5週間連続2位
を記録[、全英シングルチャートで12位を獲得しました。

1983年にはグラミー賞最優秀コード賞を獲得、また、最優秀楽曲賞にも
ノミネートされた言わずも知れたTOTOの大ヒット曲の一つです。

この曲は、メンバーのデヴィッド・ペイチによる作ですが、同じくメンバーの
スティーヴ・ポーカロと女優のロザンナ・アークエットの別れを歌ったもの
なんて言われていますが、実は、ペイチはコーラスに合う名前を入れただけ
ってってなっていますが、はたして、どうなんでしょうかね。

この曲の、ドラムのリズムは「ハーフタイム・シャッフル」(パーディ・シャッフル)
と呼ばれるもので、ツッツッツータカって感じでテンポが1歩ずれる感じ、
自分もドラムを少しかじるんですが、このテンポを持続させるのって結構難しい
TOTOの曲にはドラムで、この様な感じのリズムを刻むのものがありますね。

このPVで赤いドレスを着てロザーナを演じていのは、ポップソンググループ
「アニモーション」のメンバーで、女優のシンシア・ローズが演じています。

彼女は、ダンサーでもあり、ファンタジーミュージカル映画『ザナドゥ』や1983年の
ミュージカル映画『フラッシュダンス』にも出演し注目され、その後もSF映画『未来
警察』でトム・セレックと共演するなどの活躍を見せています。

また、男性ダンサーの1人を演じているパトリック・スウェイジが。二人は1987年
の映画『ダーティ・ダンシング』で再度共演をはたしています。

彼女は後に、バラード調の奥が多いシンガーソングライターのリチャードマークス
と結婚、彼の書いた曲「Right Here Waiting」はシンシアに捧げたものなんて言わ
れていますね。

じゃ、次は、リチャードマークスの歌でも訳してみましょうかね。

結成35周年記念公演のクリップです。





TOTO XIV~聖剣の絆 [Blu-spec CD2]


記事参照元:
 -ロザーナ_ウィキペディア
 -TOTO IV ~聖なる剣_ウィキペディア
 -TOTO (バンド)
 -シンシア・ローズ_ウィキペディア



スポンサーサイト

Africa / アフリカ (TOTO / トト) 1982



I hear the drums echoing tonight
But she hears only whispers
of some quiet conversation
She's coming in 12:30 flight
The moonlit wings reflect
the stars that guide me towards salvation

闇夜に太鼓の音がこだまする
でも、今、彼女が耳にするのは小声で
会話する(機内の)囁き位なものだろう
彼女は真夜中に夜行便でやって来る
月夜の星に照らされた翼が僕を癒してくれるのさ

I stopped an old man along the way
Hoping to find some long forgotten
words or ancient melodies
He turned to me as if to say,
"Hurry boy, it's waiting there for you"

僕は道端で老人を呼び止めた
もうとっくに忘れ去られた昔の言葉や
太古の調べが分かると思ってね
老人は振り返りざま、
こう言っているように思えたんだ
「お若いの、急ぎなされ、そこは
あんたを待っておるのじゃ」ってね

Chorus:

It's gonna take a lot to drag me away from you
There's nothing that a hundred
men or more could ever do
I bless the rains down in Africa
Gonna take some time to do the things we never had

アフリカ(君)から僕を引き離すなんて無理さ
百人いやそれ以上の男にかかってもね
アフリカに雨の恵みがある事を祈ろう
未だ成し遂げていない事をこなすには
もう少し時間がいるから

The wild dogs cry out in the night
As they grow restless longing
for some solitary company
I know that I must do what's right
Sure as Kilimanjaro rises like
Olympus above the Serengeti
I seek to cure what's deep inside,
frightened of this thing that I've become

闇夜に野犬の遠吠えが聞こえる
まるで不安が募って、
他の孤独な仲間達を探し求める様に
自分が正しいと思う道を歩もう
キリマンジャロの山が草原に
そびえ立つオリンパスの様に
心の奥で自分がどうなっちまったんだろう
って言う恐れへの救いを求めて

Chorus

(Instrumental break)

Hurry boy, she's waiting there for you
It's gonna take a lot to drag me away from you
There's nothing that
a hundred men or more could ever do
I bless the rains down in Africa,
Refrain 5 times
Gonna take some time to do the things we never had

「急ぎなされ、お若いの、アフリカ(彼女)が
お前を待っておるぞ」
アフリカ(君)から僕を引き離すなんて出来ないのさ
百人いやそれ以上の男が束になってもね
アフリカに雨の恵みがある事を祈ろう
経験していない事をやり遂げるには
もう少し時間がかかるんだ


Africa

本業が忙しくなって更新に間があいてしまいました。

さて、「TOTO」某XXXメーカーと同名のこのバンド、1977年にロサンゼルスでスタジオ
ミュージシャンをしていたデヴィッド・ペイチとジェフ・ポーカロ を中心に結成された
バンドです。

典型的なAORサウンド、ま業的な成功と聴きやすいサウンドから、産業ロックなどと
表現されることがありますが、実際に、そういった趣が色濃い曲も数多く、それゆえ
ヒット曲が多いのも事実ですね。

この曲はヒットした当時同じく歌詞の内容なんてちっとも分かんなくて「アフリカ~」
って歌ってるから、何かアフリカの事歌ってんのね!って位なもんでしたけど

訳してみると、ちょっと難解というか、イギリスでは訳の分からない曲ベスト100か
何かに入っていたんじゃないかな~

英語の場合、物とかにも人称を使うことがあって、たとえば客船なんかを「She」
言う様にね。

この曲の始まりでは彼女がこれからアフリカに夜行便でやって来るんだけれど
その後に出てくるアフリカの現地の老人が「彼女があそこで待っておるぞよ」って
なんでアフリカのお爺さんが彼女の事知ってんの???とか

君から離れらられないって言って、自分は一人アフリカに来ちゃってるってつじつま
合わないじゃん・・・って

そこで、この「She」とか「You」とかは人を指すんじゃなくて、アフリカの大地自身じゃ
にかって事で訳しました。

自分のイメージだと、アフリカの魅力に取りつかれた男が、何かの偉業をまだ成し
遂げてなくて、この土地から離れらないってな感じで、そんでもってとにかくそんな
素敵なアフリカに恵みあれって祈ってる。ちっとも戻って来ない彼に業を煮やして
彼女自体がアフリカまで駆けつけて来ちゃうっていうような、そんな感じかなって・・

TOTOには、一時期ほんの僅かな間でしたけどジボーカルでャン=ミシェル・バイロン
って言うほんまもんの南アフリカ出身の人もメンバーに参加していたことがあるん
ですね。ただ、この曲が発表された後ですけどね。



この、クリップはライブで黒人の人がキーボードとメインボーカルを担当しているもの
この人がアフリカ人かな?



Africa: the Best of Toto




記事参照元:
 -TOTO (バンド)_ウィキペディア

Centerfold / 堕ちた天使 (J. Geils Band / J. .ガイルズ・バンド) 1981



Does she walk?
Does she talk?
Does she come complete?
My homeroom homeroom angel
Always pulled me from my seat

歩いてたって
話すところだって
最高だろ彼女?
俺のクラスのエンジェルなのさ
いつも机から身を乗り出して
見ていたよ

She was pure like snowflakes
No one could ever stain
The memory of my angel
Could never cause me pain

雪の結晶のように純粋な彼女
誰にも汚す事は出来ない
俺の天使の想い出は
いつも俺を癒してくれた

Years go by
I'm lookin' through a girly magazine
And there's my homeroom angel
on the pages in-between

時が経ち
ふと、グラビア雑誌を眺めてたら
なんと 俺のエンジェルが
その雑誌に載っかってたのさ

My blood runs cold
My memory has just been sold
My angel is the centerfold
Angel is the centerfold

鳥肌が立ったさ
俺の想い出が売られちまってさ
俺の天使が折込ページに
ヌードで載ってやがったんだ

Slipped me notes under the desk
While I was thinkin' about her dress
I was shy I turned away
Before she caught my eye

彼女の着こなしを想像してたら
机の下から手紙が回って来たよ
彼女が俺を見つめる前に
恥ずかしくてそっぽを向いちゃったよ

I was shakin' in my shoes
Whenever she flashed those baby-blues
Something had a hold on me
When angel passed close by

彼女の青い瞳が瞬けば
足がふるえちゃうよ
天使が脇を通り過ぎるだけで
金縛りさ

Those soft and fuzzy sweaters
Too magical to touch
To see her in that negligee
Is really just too much

やわらかくてふかふかのセーター姿
触れるにもおごそかすぎて
でもこのネグリジェ姿の見たら
なんてこったって!

My blood runs cold
My memory has just been sold
My angel is the centerfold
Angel is the centerfold

血が凍てついちゃったさ
俺の大事な想い出が売り出されてさ
俺の天使が折込ページで
ヌードで写ってるなんてさ

Nah nah nah nah nah nah
Nah nah nah nah nah nah nah nah
2 times

It's okay I understand
This ain't no never-never land
I hope that when this issue's gone
I'll see you when your clothes are on

OK そうだよな
だっておとぎ話の世界じゃなんだからな
この号が無くなる頃には
また服を着た姿でお目にかかりたいもんだぜ

Take you car, Yes we will
We'll take your car and drive it
We'll take it to a motel room
And take 'em off in private

車を駆り出し ああ俺たちは
君の車でドライブさ
そしてモーテルにしけこんで
プライベートで脱がせちゃうのさ

A part of me has just been ripped
The pages from my mind are stripped
Oh no, I can't deny it
Oh yea, I guess I gotta buy it!

俺の一部は切り裂かれ
俺の心のページがむき出しになっちゃったけど
でも、自分には逆らえねぇ
そうさ、やっぱ、その雑誌本買っとかなきゃ! 

My blood runs cold
My memory has just been sold
My angel is the centerfold
Angel is the centerfold

鳥肌がたっちまったぜ
俺の大切な想い出が売られちまったんだからな

俺のエンジェルが折込ページで
ヌードで載ってるなんてな!

Nah nah nah nah nah nah
Nah nah nah nah nah nah nah nah
2 times

Songwriters: RICCO, LUIGI / ESCANO, PHILIPPE /
Centerfold lyrics c EMI Music Publishing, BUG MUSIC

Released in 1981
US Billboard Hot100#1
From The Album “Freeze Frame”


Freeze Frame

*never land:ピーター・パン物語に出て来る、親とはぐれ年を取らなくなった子ども
たちが妖精とともに暮らす架空の国。

ナ~ナナナ~ナナとはじまるこの曲、ルパン三世の様な細身のボーカルのピーター・
ウルフが学校の廊下を走り教室に入るシーンから始まるこのPV

この曲がなんで、印象深いかと言いますと、このPVに出て来る黒いネグリジェ、
栗色髪ののロングパーマ(ショートパーマの娘ではないですよ)、大体画面中央に
出て来る女の子が自分の好みタイプの娘だったからなのですね。

なんか、ふっくらしているっていうか、当時はこの様な髪型も流行りましたよね。

ふわふわしてて、思わず撫でちゃいたくなるようなこの髪型、それだけでかわいいな
って思えちゃいましたね。それで後ろ姿に良くだまされたって事もありましたけど(笑)

この曲は、アルバム『フリーズ・フレイム』からの最初のシングルカット、1981年の秋に
発表され、1982年2月にビルボードホット100で6週に渡って1位を獲得、オーストラリア
でも1位になりました。

J. .ガイルズ・バンドはその名の通り、J・ガイルズを中心に、1967年にボストンで結成
され。1970年にデビューしたアメリカのバンド、当初は本格的なブルースを演奏していた
バンドです。

ピーター・ウルフの野性的なボーカルとR&B色の濃いロックンロールサウンドから、
「アメリカのストーンズ」とも称されていました。

1975年には全米ヒットした「マスタ・ガット・ロスト」と言う曲を放っています。

ただ、この曲は大ヒットしたものの産業ロックに走ったとの批評もあり、かつてのこの
グループの良さが見られないと不興を買ってしまいました。

ピーター・ウルフこの成功を機に1983年にソロ活動のため脱退、バンドは1985年に
活動を停止してしまっています。


J.ガイルズ・バンド


記事参照元:
 -J・ガイルズ・バンド_ウィキペディア
 -堕ちた天使_ウィキペディア

Caught Up In You / 想い焦がれて(38 Special / 38スペシャル) 1982



I never knew there'd come a day
When I'd be sayin' to you
"Don't let this good love slip away
Now that we know that it's true."

こんな事をお前に言う日が
来るなんて思わなかったぜ
「このすげえ愛を見逃すんじゃねぇよ」ってな、
そうだろ?

Don't,
don't you know the kind of man I am
No, said I'd never fall in love again
But it's real
and the feeling comes shining through.

知ってるか?
俺がどんな奴かって?
絶対、恋に落ちないって言い張ってたのさ
でも、今度はホンモンだ
きらめきが俺の心を貫いてんだ

So caught up in you, little girl
And I never did suspect a thing
So caught up in you, little girl
That I never want to get myself free
And baby it's true
You're the one
Who caught me baby you taught me
How good it could be

お前に虜さ、かわい子ちゃん
まちがいねぇ
束縛されてもかまわねぇ
この思いにうそはねぇ
お前に首ったけ
こんなすげえ気持ちにさせてくれたのは
お前だけさ

It took so long to change my mind
I thought that love was a game
I played around enough to find
No two are ever the same
You made me realized the love I missed
So hot! Love I couldn't quite resist
When it's right
the light just comes shining through.

ずいぶん長い間変えられなかった
愛なんて遊びだって思い
でも遊びほうけてようやく気付いたのさ
こんな女にはもう二度と出会えねぇって
こんな切ない愛をわからせてくれたお前
熱い思い、本当の想いには逆らえねぇ
きらめく思いが俺を貫く

So caught up in you, little girl
You're the one
that's got me down on my knees
So caught up in you, little girl
That I never want to get myself free
And baby it's true
You're the one
Who caught me, baby you taught me
How good it could be

お前しか見えねぇ
俺を膝まづかせるせるほどお前に夢中さ
お前にぞっこんなんだ
縛られたってかまわねぇ
ベイビー、本当さ
お前は俺に
愛がこんなに素晴らしいって
教えてくれたのさ

Fill your days and your nights
No need to ever ask me twice oh no
Whenever you want me
And if ever comes a day
When you should turn and walk away oh no
I can't live without you
So caught up in you

一日中満たしてやるよ
確かめる必要なんてねぇ
お前が求めるときはいつでもさ

もし、お前が俺から去るような日が来たら、
いや、だめだ、お前なしでは生きられない
そう、お前しかいないんだ

Yeah, Yeah, Yeah
And if ever comes a day
When you should turn and walk away oh no
I can't live without you

お前が俺の前からいなくなるなんて
考えられねぇ
もうお前なしじゃ生きられないんだ

So caught up in you, little girl
You're the one
that's got me down on my knees
So caught up in you , little girl
That I never want to get myself free
And baby it's true
You're the one
Who caught me baby you taught me
How good it could be, little girl

お前に首ったけなのさ
俺を膝まつかせたのはお前だけ
お前にぞっこんさ
自由なんてなくていい
本当さ
お前は俺にこんな想いを味あわせてくれた
唯一の女なんだ

You're the one
that's got me down on my knees
So caught up in you, little girl
That I never want to get myself free
And baby it's true
You're the one
Who caught me and taught me
You got me so caught up in you

おれをしもべにした
唯一の女
お前しかいないんだ
束縛されたっていい
お前だけさ、俺にこんな素晴らしい
気持ちを味あわせてくれたのは

Songwriters: PETERIK/SULLIVAN/CARLISI/BARNES
Caught Up In You lyrics © Sony/ATV Music Publishing LLC, Warner/Chappell

Music, Inc., Universal Music Publishing Group

Released in 1982
US Billboard Hot100#10
From The Album “Special Forces”



記事参照元:
 -38スペシャル_ウィキペディア




Heat of The Moment / ヒート・オブ・ザ・モーメント (Asia / エイジア) 1982



I never meant to be so bad to you
One thing I said that I would never do
A look from you
and I would fall from grace
And that would wipe the smile
right from my face

そんな風に君を傷つける
つもりじゃなかったんだ
言うべきことじゃない一言を
言ってしまったんだ
君からすれば、僕に呆れてしまってたんだろうね、
その事が僕から笑顔を奪い去って行った。

Do you remember when we used to dance?
And incidents arose from circumstance
One thing lead to another we were young
And we would scream together songs unsung

覚えてるだろ?
二人で良く踊っていたのを
一つの出来事がどんどん大げさになってしまって
僕ら若かったんだね
歌にもならない歌を一緒に叫んで歌っていたね

It was the heat of the moment
Telling me what my heart meant
The heat of the moment
showed in your eyes

熱くなってしまっていたんだ
僕は本当はどうしたかったんだろ?
君の目にもそう映っていたんだろ

And now you find yourself in '82
The disco hot spots hold no charm for you
You can concern yourself with bigger things
You catch a pearl and ride the dragon's wings

君はもう今の時代を生きてる
ディスコみたいなホットな場所には
もう興味は無いんだね
もっとずっと魅かれるものがあるんだろ
もっと豪華で優雅なものを

'Cause it's the heat of the moment
Heat of the moment
The heat of the moment
showed in your eyes

熱くなってたから、その時は
頭が火照るちゃって
君もそうだったんだよな

And when your looks are gone
and you're alone
How many nights you sit beside the phone
What were the things
you wanted for yourself?
Teenage ambitions you remember well

若かりし面影も消え去って
今、君は一人ぼっち
幾夜も電話の傍に座ったままで
結局、君は何を望んでいたんだい?
覚えているだろ
あの10代の頃に抱いてた想いを

It was the heat of the moment
Telling me what your heart meant
The heat of the moment
showed in your eyes

熱くなってしまってたんだ
どうしてそんな事したのさ
君もそうだったんだね

Heat of the moment
Heat of the moment
Heat of the moment showed in your eyes

若気のいたりさ
熱くなってた
君の眼もそう言っていたね

Heat of the moment
Heat of the moment
Heat of the moment

熱くなってしまって
周りをよく見れなくなって
我を忘れて

Songwriters
WETTON, JOHN KENNETH/DOWNES, GEOFF
Lyrics c Warner/Chappell Music, Inc., EMI Music Publishing

Released in 1982
US Billboard Hot100#4
From The Album “Asia”

1982年デビューのイギリスのロックバンド、このアルバムデビューの時点の
メンバーは、

・ジョン・ウェットン(vo.b/元キング・クリムゾン、ロキシー・ミュージック、U.K.)、
・スティーヴ・ハウ(g.vo/元イエス)
・カール・パーマー(ds/元エマーソン・レイク・アンド・パーマー)
 *バンド結成当初のドラムスはサイモン・フィリップス
・ジェフ・ダウンズ(kbd/元バグルス、イエス)

とメンバー全員が、既に世界的なキャリア/知名度を得ていたミュージシャンで
あったため、デビューの時点からスーパーグループとして注目され、

「プログレッシヴ・ロックのエッセンスをポップスとして鏤めた3分半の楽曲」という
スタイルを確立し、そのスタイルにそってリリースされたファースト・アルバム
『Asia(詠時感〜時へのロマン)』は数ヶ月後には全米NO.1を9週キープ、全世界
で1500万枚のセールスを達成しています。

同アルバムからシングルカットされたこの曲『Heat Of the Moment』は全米ロック
チャート1位、全米ポップチャートでも4位となり、商業的にも成功を納めています。

その後、幾多のメンバー・チェンジを繰り返したが、2007年にはオリジナルメンバー
四人での「初来日コンサート」が、そして続く2008年にも来日を果たしています。

でも、皆、歳取っちゃってますね。合わせて自分もですけどね・・・・・



記事参照元:
 -エイジア_ウィキペディア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。