スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Mr.Blue Sky / ミスター・ブルー・スカイ (Electric Light Orchestra / エレクトリック・ライト・オーケストラ)1978



(Morning today’s forecast call blue skies)
(本日の朝の天気予報は青空です)

The sun is shinin' in the sky,
There ain't a cloud in sight
It's stopped rainin'
Everybody's in a play
And don't you know
It's a beautiful new day, hey.

空にはお日様がきらめき
一欠片の雲も見当たらない
雨も上がって
みんなもはしゃぎだす。
素晴らしい新たな1日だろ?

Runnin' down the avenue,
See how the sun shines brightly
In the city, on the streets
where once was pity,
Mr. Blue sky is living here today.

大通りを下って
お日さまがどんなにまぶしいか見てごらん
かつては侘しいかった町の通りに
今日は青空君がお出ましなのさ

Mr. Blue sky, please tell us why,
You had to hide away
For so long (so long),
where did we go wrong.

青空君、どうしてこんなに長い間
雲隠れしなきゃいけなかったのさ
僕らとは行き違っちゃったところにね

Mr. Blue sky, please tell us why,
You had to hide away
For so long (so long),
where did we go wrong.

青空君、なぜなんだい
長い間身を潜めていなかきゃいけなかったのさ?
僕らとは違うところなんかに

(Guitar Solo)

Hey you with the pretty face,
Welcome to the human race
A celebration Mr. Blue sky's up there waitin'
and today is the day we've waited for

お茶目なお顔で
ようこそ、僕らの人間のところへ
さあ、お祝いだ、青空君がその上で待ってる
今日こそが僕らが待ち望んでいた日なのさ

Mr. Blue sky, please tell us why,
You had to hide away
For so long (so long),
where did we go wrong.

青空君、なぜなのさ
長い間、身を隠していなきゃいけなかったんだい?
僕らと別の場所なんかに

Hey there Mr. Blue
We're so pleased to be with you
Look around see what you do,
Everybody smiles at you.

ねえ、青君
君と一緒になれて嬉しいよ
見渡してごらんよ、君のおかげで
皆が君に微笑んでるだろ

Hey there Mr. Blue
We're so pleased to be with you
Look around see what you do,
Everybody smiles at you.

ねえほら、青君
君と一緒になれて嬉しいのさ
見渡してごらん、君のおかげで
皆が君に微笑んでるよ

(Mr. Blue Sky, Mr, Blue Sky, Mr.Blue Sky)

Mr. blue you did it right,
But soon comes Mr. Night,
Creepin' over, now his
Hand is on your shoulder,
Never mind
I'll remember you this
I'll remember you this way

でかしたよ、青空君
でも間もなく真夜中君がやって来る
忍びよって、もう鼻の先さ
でも、大丈夫
このことを覚えてるよ
君のおかげだってこと忘れなはしないよ

Mr. Blue sky, please tell us why,
You had to hide away
For so long (so long),
where did we go wrong.

青空君、教えてよ、なんで
ずっと隠れていなきゃいけなかったの?
僕らのいないところなんかに

Hey there Mr. Blue (sky)
We're so pleased to be with you (sky)
Look around see what you do,
Everybody smiles at you.

へぃ、ほら青空君
君と一緒で嬉しいよ
見渡してみて、君のおかげで
皆が君に微笑んでる

(Chorus)

Songwriters: Lynne, Jeff
lyrics © EMI Music Publishing

Released in 1978
US Billboard Hot100#35
From The Album "Out Of The Blue"


Out of the Blue

2012年にアニメーションで再制作されたPV、花がかわい~~
↓↓↓↓↓↓↓


サウンドのみオリジナルロングバージョン、こちらの方が声がジョンぽい?
↓↓↓↓↓↓↓


Electric Light Orchestra、彼らの曲を和訳して、やっぱり
この曲を訳したくなっちゃって、

ラジオからのこもったアナウンス、タタタタとドラムの音
ピアノとベースのライン、ハッハッと吐息、なんとなく
ジョンの様な歌声、

青空君!!なんて詩の調子も・・・・・・・・

思いません?なんかビートルズぽいって!!

初めてこの曲がM放送から流れているのを聴いて
わ~~!!って感じ、

自分がビートルズ・サウンドに出会っった時には既に
ビートルズは解散していて、彼らのサウンドはもう既存
のレコードにある曲しか聴けなかったですからね、

なんかビートルズの曲の要素を盛り込んで、まねっこ的
なところはあるかもしれませんが、

やっぱ、この様なサウンドが好きで飢えてたんでしょうね。

曲を聴いた途端にすごく懐かしくて、ほっとした思いをした
ことを覚えています。

和訳するにあたって、その前にその他の方の和訳を
色々と見させて頂いたんですが、

“Mr. Blue sky, please tell us why,
You had to hide away
For so long (so long),
where did we go wrong.”

のところ、最後の行の「where did we go wrong」、

先ず、「wrong」なんですが、これは「違う」と言う
意味なんですが、厳密に言うと(あるべき状態) と違う
(異なる)と言うニューアンスなんですね。

「go」は後に続く語句を受けて「その様な状態が
進行する」と言うようにその語句を強調するって
感じで

「go wrong」で熟語となって、つまり「通常じゃない
状態になってっちゃう」って事で色々な意味が
あるんですけど

でも、その前にある「where」の語が引っ掛かっちゃ
って、「where」は場所、つまりそのLocationを示す
関係代名詞、

この文だけ抜き出して、日本語で「僕らどこで間違っ
ちゃのかな?」って訳すと、なんか、すんなり聞け
ちゃうんですけど、この日本語で言うと「どこ」って
いうのは、「僕らどこ(どの時点、いつ、あるいは
何で)で間違っちゃたんだろ」となって「場所」と言うと
ちょっと?となってしまう。

この文を、直すと「please tell us why did you have to
hide away (in the place) where did we go wrong for so
long (time).となって、「なぜ、君は長い間、僕らが行った
場所と違うところに隠れていなければならなかったのか
話して下さい」つまり、「どうして、君はずっと僕らのいる
場所に顔を出さなかったんだい」みたいな感じ、

要は、「wrong」は「where did we go」全体にかかって
いる様に訳すと、より意味が通じ易いでしょ!って感じ
で和訳しています。

ELO 3

この曲は、全英・全米アルバム・チャートで共に第4位を獲得し、
1978年の全英年間チャートでも第2位にランクインする大ヒット
となった1977年に発表された彼らのアルバム「アウト・オブ・
ザ・ブルー」からシングル・カットされ、全米ポップチャートで
トップ40を2番目に記録する作品となり、最高で35位まで上昇
しました。また、このシングルは全英シングルチャートでは6位
を記録しています。

BBCラジオのインタビューで、この曲を作ったジェフ・リンは
ELO のアルバム「オーロラの救世主」のためにスイスの山中
に籠もっている時

「2週間ずっと暗くて霧がたっていて僕は何も閃かなかった。
突然、太陽が輝きだして、わぁ、なんて綺麗なアルプスだろうと
思い、僕は次の2週間で「ミスター・ブルー・スカイ」と他13曲を
書きあげたんだ。

また、この曲のアレンジは「BEATLESQUE」と呼ばれていて、
ビートルズの「マーサ・マイ・ディア」や「ア・デイ・イン・ザ・ライフ」
と似ているなんても言われています。

やっぱり、自分だけじゃなくほかの人にもそんな風に聞こえちゃう
んでしょうね。

また、この曲にも前回和訳しました「Confusion」でも使用されていた
「ボコーダー」が使われていますね。曲中で「ミスター・ブルー・スカイ」
モゴモゴ・・・と言うところです。

ELO 4

この曲はリリー・アレン、メイヤー・ホーソーンがカバーしています。

また、コモンが2011年12月20日に発表した9枚目のスタジオアルバム
「ザ・ドリーマー、ザ・ビリーバー」の収録曲「ブルー・スカイ」で、この曲
をサンプリングしてます。

それから「ゲーム・プラン「と「モール★コップ」という映画の挿入歌
に採用やイギリスのテレビドラマ「ドクター・フー」の2006年の
エピソードでこの曲が演奏されたり、

2012年ロンドンオリンピックの閉会式ではオリンピックスタジアム、
UEFAチャンピオンズリーグ 2011-12 決勝の表彰式にも採用され
流されているという様に色々な方面で起用されていることから、
やはり、親しみやすいなじみ深い曲と言えるんじゃないかと思い
ますね。

それとポンポンという単調なリズムが基調となっているからか
アカペラのカバーとかも多いですね。

The Segue Sistersのカバー、
しかし、途中に挿入されるホラー調の絵は何なんだろう??
↓↓↓↓↓↓↓


アカペラのカバー2作
↓↓↓↓↓↓↓




Connie Talbotのカバー
↓↓↓↓↓↓↓


やはり、ビートルズっぽいてんで、ビートルズの絵を当てはめた
人がいるんですね。でも違和感ないでしょ?
↓↓↓↓↓↓↓




エレクトリック・ライト・オーケストラ


記事(画像)参照元:
 -ミスター・ブルー・スカイ_ウィキペディア
 -アウト・オブ・ザ・ブルー (エレクトリック・ライト・オーケストラのアルバム)_ウィキペディア
 -エレクトリック・ライト・オーケストラ_ウィキペディア
 -リリー・アレン_ウィキペディア
 -コモン_ウィキペディア
 -ULTIMATE CLASSIC ROCK_Top 10 Electric Light Orchestra Songs




スポンサーサイト

Confusion / コンフュージョン (Electric Light Orchestra (E.L.O ) / エレクトリック・ライト・オーケストラ) 1979



Everywhere the sun is shining
All around the world it's shining
The cold winds blow across your mind

どこにでも太陽がきらめいて
世界のいたるところがみな光輝いてるというのに
君の心には冷たい風がよぎってる

Confusion,
it's such a terrible shame
Confusion,
you don't know what you're sayin'
You've lost your love
and you just can't carry on
You feel there's no-one there
for you to lean on

当惑してるんだね
ものすごく戸惑ってるのさ
君は、何て言えばいいんだろうってね
愛を無くしてしまって
もうやりきれない
寄り添える人が誰もいないって思ってるから

Every night you're out there darlin'
You're always out there runnin'
And I see that lost look in your eyes

君は毎晩、外に出ては
いつも駆けずり回りって
途方に暮れた目をしているよ

Confusion,
I don't know what I should do
Confusion,
I leave it all up to you
You've lost your love
and you just can't carry on
You feel there's no-one there for you
to lean on, to lean on

迷ってるのさ
僕はどうすべきなのかってね
困惑してるんだね
僕は君に委ねるよ、どうしたいのかを
君は愛を失って
もう、だめなんだって
もたれかかれる人は誰もいないんだって
そう頼れる人がね

Dark is the road you wander
And as you stand there under
The starry sky,
you feel sad inside

君が彷徨う道、それは暗闇
星がきらめく空の下にたたずんで
胸の内に悲しさを秘めたまま

Confusion,
you know it's drivin' me wild
Confusion,
it comes as no big surprise
You've lost your love
and you just can't carry on
You feel there's no one there for you
to lean on, to lean on

迷うってしまうよ
分かるだろ、僕がおかしくなっちまいそうだよ
困惑してるんだろ
そう驚く事じゃないんだよ
君は愛を失って
ただ駄目だと思っちゃって
もう誰も頼れる人がいなくなっちゃったって
もたれかかれる人がさ

Confusion,
Confusion
Confusion,
Confusion

迷ってしまうよね
どうしたらいいのか
戸惑うばかり
どうしたらいいんだろう?

Songwriters Lynne, Jeff
Lyrics c EMI Music Publishing

Released in 1979
US Billboard Hot100#37
From The Album “Discovery”


Discovery ELO

何となくホント気まぐれでこの曲を和訳したんですけど
実際、このバンドELOと出会ったのはMr. Blue Sky
(ミスター・ブルー・スカイ)って曲だったんですね。

ラジオから流れるこのこの曲を聴いて、わ~ってね
何故かって言うと、自分が洋楽の世界に入る切っ掛け
となったビートルズのサウンド彷彿させると言うか、

でも実際は、正直、少し物まねぽいとも感じたんですけど
元々がこの様なサウンド好みの音ですから、聴いた途端に
あっこれ良い!!って直感したんですね。

何かビートルズのサージェント・ペパーズとかイエロー・
サブマリンとかの時代のサウンド感覚と言うか、

ただ、当時はやはり映像での情報を得るのが今ほど
容易ではなく、結構長い間、どんな人達が演奏して
いるのかも、分かり得なかったんですよね~

曲を和訳して見て、ついホンの最近失恋した彼女、
愛を失い途方に暮れているところに、自分(僕)が
いて、僕がここにいるんだけどな~みたいな感じかな
と思います。

この曲の途中にもごもごって感じの音が入ってるんで
すけど、これは人の声を加工する「ボコーダー」と言う
マシンが使用されてるんですね。キーボードにマイク
が引っ付いている様な感じのものです。

こんな感じの楽器です。
↓↓↓↓↓↓
Vocoder

当時は音声波形をいじくってサウンドを形成するって
のが、シンセサイザーの走りで、今見たくデジタル・
サンプリングした様な音作りじゃなかったので、
そんなマシンがあったりしたんですけど、今は全て
デジタルかされ、そんな代物はあまり見かけなくなって
しまいましたね。メーカーによってかつての人気機種を
レトロ・リバイバルで再販ってのもあるんですけどね。

ELO 2

紹介が遅れましたが、このバンドイギリスのバーミンガム
出身のロック・バンド、ザ・ムーブからの発展という形で
1970年に活動を開始、1971年にレコードデビュー。

1970年代から1980年代にかけて世界的な人気を博して、
1970年代のアメリカで最も多くの(ビルボード40位以内の
)ヒット曲を持つバンドでとなっています。

メンバーの一人、ジェフ・リンは実際、彼の自宅には
ビートルズとバルクレコードしかないと言うビートルズの
大ファンであるのと同時に、、1980年代半ばからは
プロデューサーとしても活躍しており、元ビートルズの
メンバーである、ジョージ・ハリスン、リンゴ・スター、
ポール・マッカートニー等のプロデュースにも関わって
います。だから、ビートルズ色があるんですかね。

このELO等バンド、バンド名にある様に当初はストリング
のメンバー混在するユニークなバンドで、1974年発表の
「エルドラド」と言うアルバムでは、フル・オーケストラと
融合したレコーディング等を行ったりしています。

その後、1970年代後半から1980年代にかけては、それに
シンセサイザーのサウンドが加わり、ポップでありながら
プログレッシブ・ロックに通じる実験的な試行錯誤の時期を
経て、1970年代中盤からはビートルズ・ライクなポップスの
要素を強め、70年代を代表するヒットメーカーへと変貌して
行きます。

1980年代に入ってからも、オリビア・ニュートンジョン主演
女優だったミュージカル映画「Xanaduのサウンドトラック
(1980年)の片面6曲中3曲を担当し、全米Billboard TOP20
に輝いています。

トレード・マークとして、レインボー・カラーのELOと書かれた
円盤の様なものが、いくつかのアルバムの表紙を飾って
いますね。ボストンみたいっすね。

ELO

今度は、このバンドの出会いとなった「Mr. Blue Sky」を和
訳しますね、お楽しみに!!

その初めて出会った曲「Mr. Blue Sky」です。何かそれっぽいでしょ!
↓↓↓↓↓↓


オリビアとのコラボ「Xanadu」
↓↓↓↓↓↓





Electric Light Orchestra


記事(画像)参照元:
 -エレクトリック・ライト・オーケストラ_ウィキペディア
 -ディスカバリー (アルバム)_ウィキペディア
 -ミスター・ブルー・スカイ_ウィキペディア
 -ヴォコーダー_ウィキペディア
 -Mann's Music Journey
 -Electric Light Orchestra Discography (1971-2012)
 -何故、今、KORG R3 を選んだのか?


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。