スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Pinball Wizard / ピンボールの魔術師 (Elton John / エルトン・ジョン) 1976



Ever since I was a young boy
I've played the silver ball
From Soho down to Brighton
I must have played them all

俺はガキの頃から
銀の球にいそしんでんのさ
ソーホーの町からブライトンの町まで
全てのマシンを制覇してるぜ

But I ain't seen nothing like him
In any amusement hall
That deaf, dumb and blind kid
Sure plays a mean pinball

けど、あんな奴は
今までどこのゲーセンでも見た事ねぇ
耳も聞こえず、口もきけず、目も見えねぇってのに
すげえ球を打ちやがんだ

He stands like a statue
Becomes part of the machine
Feeling all the bumpers
Always playing clean

彫刻のように突っ立って
まるで機械と一体さ
全てバンパーを見切って
いつもお手並みは見事なもんさ

Plays by intuition
The digit counters fall
That deaf, dumb and blind kid
Sure plays a mean pinball

直感でプレイしてやがる
あれじゃ得点盤もいかれちまうよ
耳も聞こえず、口もきけず、目も見えねぇてのに
とんでもないプレーしやがんのさ

He's a pinball wizard
There has to be a twist
A pinball wizard's
Got such a supple wrist

奴はピンボールの魔術師
何かコツがありやがんのさ
どうだい奴のしなやかな
手首のさばき

How do you think he does it?
I don't know
What makes him so good?

どうやってるのかって
そんなこたぁ分かりゃしねぇよ
なんであんなに上手くやりやがんだ

Ain't got no distractions
Can't hear no buzzers and bells
Don't see no lights a flashing
Plays by sense of smell

プレー中は一心不乱さ
ブザーやベルの音も聞こえやしねぇし
ライトの点滅も見えやしねぇってのによ
臭覚でやってやがんのか?

Always has a replay
Never tilts at all
That deaf, dumb and blind kid
Sure plays a mean pinball

毎度リプレーを叩きだしやがる
ティルトを一切出ださずによ
耳も聞けず、口もきけず、目も見えねぇてのに
とんでもないプレーをしやがんのさ

He can't beat me now
I've always been the champ
I know every trick,
no freak's gonna beat my hand

だが、未だ奴は俺を負かせない
俺はいつもチャンプだったのさ
どんな技もお茶の子さいさい
俺を負かす腕の奴なんかいねぇのさ

Even on my favorite table
He can beat my best
His disciples lead him in
And he just does the rest

けど、慣れ初めの台でプレーしたって
奴は俺の上を行く
舎弟らが奴を向い入れた日にゃ
奴にとっては楽勝よ

He's got crazy flipper fingers
Never seen him fall
That deaf, dumb and blind kid
Sure plays a mean pinball

奴のフリッパーの様なハチャメチャな指さばきで
負ける事なんてありゃしねぇのさ
耳も聞こえず、口もきけず、目も見えねぇってのに
凄腕を見せやがんのさ

He's a pinball wizard,
he's scored a trillion more
A pinball wizard,
the world's new pinball lord
He's scoring more,
he's scoring more

奴はピンボールの魔術師
とてつもねぇ高得点をはじき出しやがる
ピンボールの魔術師
奴は新たなピンボール神様さ
もっとスコアを稼ぎ
より高得点を叩きだして

I thought
I was the Bally Table king
But I just handed
my pinball crown to him
to him、to him…

俺は自分がバリーのマシンの
王様だって思ってたけどよ
今じゃ、その王座も奴に明け渡さなきゃな
あいつに、そう奴にな

Songwriters TOWNSHEND, PETE
Lyrics c Universal Music Publishing Group

Released in 1976
UK Single Chart#7
From The Album "Tommy Soundtrack"


Tommy The Who


ピンボールの魔術師

この曲「ピンボールの魔術師」(原題:Pinball Wizard)は、元来、イギリス
のロック・バンド、ザ・フーが1969年に発表した楽曲で、メンバーのピート・
タウンゼントが作詞・作曲したロック・オペラ作品として知られるスタジオ・
アルバム『トミー』からの先行シングルとしてリリースされた曲です。

だけど、自分はケン・ラッセル監督がアルバム『トミー』を映画化した『トミー』
(1975年)に出演し、劇中でこの曲を歌ったエルトン・ジョンのカバーの方を
先に見聞きし、元々ジョンの曲だと思ってて、特に最初の出だしのピアノ
の部分が好きで、

こちらの方がやはりジョンの弾くピアノ主体にアレンジされていて、映画の
中でピンボールを象徴するかのようにサイケデリックなケバケバし派手で
ドギツイ色調での画面作り、こちらの方が印象強いです。

でも、なんで当時この曲を知ったのかが、うる覚えで、だけど、シングル
レコードを買って聴いたことはなぜかしっかり覚えてるんですね。

Elton John

大体、いつも眼鏡をかけてて、それもこのシングルの出で立ち、服装も
ヒッピー(また出て来た)「ぽくって、目に焼き付きません?

実際、この歌、オリジナルがザ・フーの歌だって事はつい最近知って聴い
てみたんですけど、こちらはこちらで、生ギターから入るイントロ、シンプル、
さっぱり爽やかって感じで、こちらも別の味があって良いですね。

ところで、今時分の人達って、「ピンボール」って分かんのかな?

Pin Ball Machine

Pin Ball Machine 2

Pin Ball Machine 3


ゲーセンにTVゲームが進出してくるまで、当時はこのピンボール
マシンが幅をきかせてましたね。

自分は学生の頃、夏休みの塾に通ってたんだけど、バスで通ってて
バスが循環バスで、朝友達と塾方面の駅に向かうバスに乗って、その
駅に降りずにそのまま乗り過ごしちゃって、もう一方の駅まで乗ってって
その駅の駅ビル内にあるゲームセンターに入り浸って、いつも塾をさぼって
ましたね。悪ガキでしたね~

そこにはいつも、少し髪の長いフィンガー・ファイブの晃(古い)みたいな
奴が二人いて、そんでもってこいつらピンボールがめっちゃ上手い、
そんで、そいつらが数十ゲームのリプーを貯めては、確か500円だった
かな~、なんたって一回100円だから、もう、それはお得だってなもん
なんですよ、っで、彼らはそれを売ってもうけてました。

ピンボールって要は盤の下に落ちない様に銀の球を弾いて、盤内の
あっちゃこっちゃにぶつけて得点を稼ぐゲーム機なんですけどね、

この中に出て来る「バンパー」Tってのは、盤上でキノコみたいな
形した物なんだけど、これに球が当たると弾かれて得点が入ってく
ですね。

Bumper

また「フリッパー」ってのは盤の下の方でボールを弾き返すバット状
のようなパーツで、ゴム製のラバーが巻いてあって、台側面左右の
ボタンで上げ下げでき、ボタンの押しっぱなしで上げたままの状態
にすることができます。

ちなみに「Bally」と言うのは、アメリカで有名なシカゴのピンボール
メーカーです。

Flipper

このフリッパーを上手く操作して、得点を上げて行くってものです。

話を曲の話に戻して、エルトン・ジョンって、独特な音声で、この様な
ポップなのりの曲もあれば、バラード調もあったり、色々聴きごたえ
がありますよ。

彼の曲も今後、いくつかピックアップして和訳したいと思います。
こうご期待!!

ちなみに映画版の「トミー」はThe Whoのアルバムを元に
ケン・ラッセルの監督で映像化されたものですが、ザ・フーの
メンバーであるロジャー・ダルトリーが主人公のトニーを演じる
と共に多数の人気ミュジシャンが参加しており、オリヴァー・
リードやジャック・ニコルソンといった大物俳優も出演して
います。

物語の概要は、
戦争に赴き行方不明となったウォーカー大佐が4年ぶりに
生還を果たし帰宅するも、ウォーカー夫人は夫が戦死した
ものと思い、既に別の相手があり、それを目撃した大佐は
その男を殺してしまう。大佐の不在時に生まれたトニーは
その現場を鏡越し目撃してしまいますが、両親から「あなた
は何も見なかったし、聞かなかった、そしてこのことは一生
誰にも放さないのよ」と説き伏せられるのですが、それが
トラウマになって、視覚・聴覚・発話全てを失ってしまいます。

母親は子供を直そうと躍起になりますが、その糸口がつか
めず、その内、トミーはピンボールの才能を開花し、大会
で優勝します。そこのくだりが当にこの曲の部分です。

両親は何とかその様な症状を直す事が出来ると言う医師
を探し出します。そして、鏡が割れた事がきっかけで、彼を
覚醒させ、五感が戻ってくるのですが・・・・・・

ってなストリーです。

この映画で主演を務めたダルトリーは、その演技を高く
評価され、彼はその後本格的に俳優業をこなすようにな
ります。

一方、監督のケン・ラッセルの意向が強く出てしまい、本作
の持つ精神性が損なわれてしまッた事で、ザ・フーファンから
批判が出てしまい。タウンゼントは深く失望したと言います。

ただ、これまで内容を把握するのが難しかった『トミー』の
ストーリーを初めて明確化し本、ロック・オペラの地位を
築いたと言う意味では、本作は大きな意義を果たしていると
思います。


トミー [DVD]


The Whoのオリジナル版、それもモノクロ、シンプル!渋い!
↓↓↓↓↓↓


Tommy 1975 Trailer
↓↓↓↓↓↓



エルトンジョン


ロック・オペラ「トミー」 [DVD]



記事(画像)参照元
 -ピンボール_ウィキペディア
 -ピンボールの魔術師_ウィキペディア
 -マジック・バス・ドぐされオヤジの日々
 -ピンボールの基礎知識&用語解説~パーツ編
 -消えつつあるピンボールを救うべく開発された新たなピンボールマシン
 -レトロ マイクロソフトピンボールアーケード
 -Bally Manufacturing_Wikipedia(英語)
 -トミー (アルバム)_ウィキペディア
 -トミー (映画)_ウィキペディア


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。