スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Hip To Be Square / ヒップ・トゥ・ビー・スクェア (Huey Lewis & The News / ヒューイ・ルイス&ザ・ニュース)1984



I used to be a renegade,
I used to fool around
But I couldn't take the punishment,
and had to settle down

かつては自分も反抗的で
そこらじゅうでばかばっかやってたさ
たいして痛い目にも合っちゃいなかったし
もう、そろそろ落ち着かなきゃな

Now I'm playing it real straight,
and yes I cut my hair
You might think I'm crazy,
but I don't even care
Because I can tell what's going on
It's hip to be square

今じゃめっちゃまじめだぜ、
髪なんか切っちまってさ
お前は俺がおかしくなったんじゃって
思うかもしれないが
これぽっちも気になんねぇよ
なんでこうなったのか教えてやるよ
不真面目ももう潮時ってことなのさ

I like my bands in business suits,
I watch them on TV
I'm working out most everyday
and watching what I eat

スーツに身をまとったバンドがお気に入り
それもTVなんかで見てんだぜ
毎日シェイプアップして、
食う物にも気使ってさ

They tell me that it's good for me,
but I don't even care
I know that it's crazy
I know that it's nowhere
But there is no denying that
It's hip to be square

良くやってるぜってやつらは言うけど
そんなこたあ気にしねえよ
そりゃおかしいってわかってるさ
突拍子もねえってな
でも、もう避けらんねえのさ
不良も真人間にならなきゃってことよ

It's not too hard to figure out,
you see it everyday
And those that were the farthest
out have gone the other way
You see them on the freeway,
It don't look like a lot of fun
But don't you try to fight it;
"An idea who's time has come."

お前も毎日見てんだろ
そんなかけ離れた昔の俺は
もうどっかにいっちまったのさ
見えんだろ、フリーウェイにいる奴ら
けど、もうちっとも面白ぇとは思わねえのさ
だって、逆らったってしょうがねぇんだ
誰もがいつか分かんのさ

Don't tell me that I'm crazy
Don't tell me I'm nowhere
Take it from me
It's hip to be square

おかしくなったんじゃねえかなんて
前とすげえ違うなんて言ってくれるなよ
分かってくれよ
不良ももう卒業の時なのさ


Hip To Be Square


FORE!

この歌に出て来る「Hip」ですがヒップ??って、お尻のことじゃ
ないんですね。(こんなこと言っちゃお下品ですかね?)

この「Hip」は「Hippie」つまりヒッピーから来てるのですが、
「ヒッピー」とは1960年代後半から、世俗を離れ、伝統・制度
などの既成の価値観に縛られた人間生活を否定することを
信条とし、また、文明以前の野生生活への回帰を提唱する
人々の総称なんですが、

当時は、この様な人たちが、先進的に捉えられ、そのため
要はそのような生き方が、イカスというところから、スラング
として「カッコイイ」、「今はやりの」と言う様に使われて来た
のですが、

たとえば日本でも以前に「ナウい」なんていう言葉が使われ
たことがありましたが、今だと死語というか、逆にダサい
(これももう死語ですかね)という風になってしまっています
よね。

時代の中で同じ意味合いのスラングはどんどん変遷してい
きますからね。

今ですとこの様な意味では「Cool」や「Awesome」という言葉
になりますかね。

今度は「Square」は、これもスラングで「四角」そのままで、
日本でも「四角四面」なんて言葉がありますが、要は
「まともな人」、「普通人」、強いては、「堅物」、
「やぼったい人」なんて意味になるんですね。

つまり、この歌では、若いころは周りに縛られず好き勝手
気ままに生きてきたけど、もういい歳、潮時だし、そんな
生活とはおさらばして、まともな人間になるんだよって、
感じなんですね。

誰も若いときは色んな意味で、粋がって、つっぱってます
けど、とどのつまり歳とると、そんなバカはやってらんないし
落ち着いちゃうってのとこなんでしょうけどね。

やっぱ、深く考えてないし、自分一人だし思いきったこと
ができたのは事実なんで、バカなこともやったけど、その
時代が懐かしく思えます。

だけど、どんなに歳くったって気はいつまでも若くいたい
もんですよね。

Huey Lewis & The News_2

このPV自体、ずっとCCDカメラの各所のアップでという
面白い作りなのですが、ずっとこんな感じなのでちょっと
えっ?って感じてしまうのですけどね。

でも、シンプルロック、やっぱいいっすね~

とにかく、ロック万歳!これからも音楽を愛して生きて
いくぞ!!!


Huey Lewis & The News

記事(画像)参照元:
 -ヒッピー_ウィキペディア
 -NEW JERSEY 101.5 Meet Huey Lewis & The News [PHOTOS, VIDEOS]


スポンサーサイト

Do You Believe In Love / ビリーブ・イン・ラブ (Huey Lewis & The News / ヒューイ・ルイス& ザ・ニュース) 1982



I was walking down a one way street
Just a looking for someone to meet
One woman who was looking for a man

一方通行を下って行きながら
ただ、誰か出会える人を探して
そう、恋人を求める一人の女性をね

Now I'm hoping (hoping) that the feeling is right
And I'm wondering (wondering) if you'll stay for the night
So I'm coming (I don't wanna be lonely)
(Baby, please tell me)
I wanna love you all over

そんで、この気持ちが間違いないだろうにって
君が夜も一緒にいてくれるのかなって?
そう、だからこっちから来ちゃったんだ
(一人ぼっちはいやなんだよ)
君を丸ごと愛するよ

Do you believe in love
Do you believe it' true
Do you believe in love
Oh, you're making me believe it, too

君は愛ってやつを信じられるかい
それは本物だって思う?
愛ってものを信じるかい?
それを僕に信じさせておくれよ

Now the feeling is beginning to grow
And the meaning is something you only know
If you believe it take my hand
and I'll take your heart come on

想いはどんどんつのってく
どういうことか君だったら分かるだろ
信じて、僕の手を取ってくれたら
君のハートをわしづかみにするさ

Now I'm wondering
where does true love begin
I'm going under so I'm lettin'you in
My woman (I don't wanna be lonely)
(Baby, please tell me)
I wanna love you all over

そう、僕にも分らないけど
どこからが愛かなんて、
でも、もう、そのとりこになってしまって
君を受け入れたいんだ
愛しき人
(人りぼっちでいたくないんだよ)
(ベイビー、教えておくれよ)
君の全てを愛したいんだ

Do you believe in love
Do you believe it' true
Do you believe in love
Oh, you're making me believe it, too

愛ってものを信じるかい?
それが本当だって思う?
君は愛を信じるかい?
オ~、僕に本当の愛を分からせておくれよ

I use to have you in a photograph
(I'm so glad it's changed)
But now I've got you and it's gonna last
(Do you believe in love)

よく写真の中の君を見つめていた
でも、今それが現実のものとなったなんて
今、君は僕の彼女で、このままずっと続いていくのさ
(愛ってものを信じるかい?)

Do you believe in love
Do you believe it' true
Do you believe in love
Oh, you're making me believe it, too

君は愛ってやつを信じるかい?
本物だって思えるかい?
愛を信じられるかい?
僕にそれを分からせて

Songwriter(s): Robert John Lange

Released in 1982
US Billboard Hot100#7
From The Album “Picture This”


ベイエリアの風


Huey Lewis & The News、ヒューイ・ルイスのハスキー・ボイスと爽やかな
バック・コーラス、シンプルなサウンド、まさに1980年代のアメリカの
ポジティブなイメージをそのまま地で行くような骨太なアメリカン・ロック・
サウンド

ギターがギュン・ギュンて感じの重厚なサウンドなのものから結構幅広く
聴いていたんですけど、このバンドの曲は何かすごくシンプルでみょうに
勇気、元気づけられると言うか、素直に耳に入ってくると言うか、そんな
感じがして、すごく好きな自分のかなりお気に入りのバンドのひとつです。

当時、カセット・テープにアルバム録音して、ウォーク・マンを持ち歩いて
外出時なんかでも良く聴いてました。

ヒューイの母親がヒッピー思想家(つったって、今の若い人たちには分かん
ないよねヒッピーなんて何って感じで)だったことから、白人ながらに黒人
居住区何かに住んでて、幼少の頃より、自然にR&Bなどの黒人音楽に
親しむような環境で育っているためか、音楽性にもその様な部分が出て
いるのかなって思いますね。

大学生時代から、バンドをやり始め、1972年にカントリー・バンドの
「クローバー」に加入、4枚程アルバムを発表するも陽の目を見ず
あへなく解散、その後、アメリカン・エキスプレスと言う名のバンドを
結成するもそれもパットせず、1979年に失業中だったかつてクローバー
のメンバー達とバーのバンドとして活動を開始、1980年にバンド名を
ヒューイ・ルイス&ジ・アメリカン・エキスプレスと命名、それをヒューイ・
ルイス&ザ・ニュースと名を変えてデビューする運びとなりました。

同年にリリースされたアルバム、同バンド名の「ヒューイ・ルイス&
ザ・ニュース」は今一でしたが、1982年の2枚目に発表したアルバム
「ベイエリアの風」からのシングルカットされたこの曲が「ビリーヴ・
イン・ラヴ」が全米で7位までのヒットとなり、これまでの長い下積み
の末、ようやく陽の目を見る事となりました。

そして1983年に彼らとして3枚目のアルバム「スポーツ」を発表、
翌年にシングル・カットした「アイ・ウォント・ア・ニュー・ドラッグ」、
「ハート・オブ・ロックンロール」、「いつも夢見て(If This Is It)」
などは次々とヒットとなりました。

このアルバムは800万枚以上を売り上げ、バンドは一躍スターの
仲間入りを果たしました。

また「アイ・ウォント〜」が半年後にレイ・パーカーJr.の「ゴースト
バスターズ」に盗用されたと裁判沙汰になったりもしているん
ですね。(全然知らなかった!)

1985年には大ヒットした映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」の
主題歌の「パワー・オブ・ラヴ」が全米1位の大ヒット、

ヒューイも映画に、主人公マーティが「パワー・オブ・ラヴ」のイントロ
部分の演奏途中で「分かった、もういい、止めろ、うるさ過ぎる、次の
グループの番だ」という台詞を言う脇役(オーディションの審査員)
として出演。

同年にヒューイはUSAフォー・アフリカの「ウィー・アー・ザ・ワールド」
にも参加、ブリッジ部分でリード・ボーカルを務めた(プリンスの代役)。

翌1986年のアルバム「FORE!」からは「ジェイコブズ・ラダー」と
「スタック・ウィズ・ユー」の2曲が全米シングルチャートのNO'1に
輝き、バンドの人気は絶頂を極める事となります。

ここら辺の一連のアルバム、収録曲はどれも好きなものばかりです。
商業的と言ってしまえば、そうなのかもしれませんが、通常、アルバム
ってどのミュージシャンのものも、好きなものもあれば、そうじゃないもの
もあるってもんだと思うのですが、彼らの曲はどれもOKって感じで、

シンプルだから、受け入れやすかったのかもしれません。

好きなバンドなので、今回和訳のレパートリーの中に加えて、今後も
更に彼らの曲の和訳も追ってやって行きたいと思いますので宜しく
お願いします。


ヒューイ・ルイス& ザ・ニュース


記事参照元:
 -ヒューイ・ルイス&ザ・ニュース_ウィキペディア
 -ヒューイ・ルイス&ザ・ニュース (アルバム)_ウィキペディア
 -ヒューイ・ルイス_ウィキペディア
 -ベイエリアの風_ウィキペディア
 -スポーツ (アルバム)
 -FORE!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。