スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Heat of The Moment / ヒート・オブ・ザ・モーメント (Asia / エイジア) 1982



I never meant to be so bad to you
One thing I said that I would never do
A look from you
and I would fall from grace
And that would wipe the smile
right from my face

そんな風に君を傷つける
つもりじゃなかったんだ
言うべきことじゃない一言を
言ってしまったんだ
君からすれば、僕に呆れてしまってたんだろうね、
その事が僕から笑顔を奪い去って行った。

Do you remember when we used to dance?
And incidents arose from circumstance
One thing lead to another we were young
And we would scream together songs unsung

覚えてるだろ?
二人で良く踊っていたのを
一つの出来事がどんどん大げさになってしまって
僕ら若かったんだね
歌にもならない歌を一緒に叫んで歌っていたね

It was the heat of the moment
Telling me what my heart meant
The heat of the moment
showed in your eyes

熱くなってしまっていたんだ
僕は本当はどうしたかったんだろ?
君の目にもそう映っていたんだろ

And now you find yourself in '82
The disco hot spots hold no charm for you
You can concern yourself with bigger things
You catch a pearl and ride the dragon's wings

君はもう今の時代を生きてる
ディスコみたいなホットな場所には
もう興味は無いんだね
もっとずっと魅かれるものがあるんだろ
もっと豪華で優雅なものを

'Cause it's the heat of the moment
Heat of the moment
The heat of the moment
showed in your eyes

熱くなってたから、その時は
頭が火照るちゃって
君もそうだったんだよな

And when your looks are gone
and you're alone
How many nights you sit beside the phone
What were the things
you wanted for yourself?
Teenage ambitions you remember well

若かりし面影も消え去って
今、君は一人ぼっち
幾夜も電話の傍に座ったままで
結局、君は何を望んでいたんだい?
覚えているだろ
あの10代の頃に抱いてた想いを

It was the heat of the moment
Telling me what your heart meant
The heat of the moment
showed in your eyes

熱くなってしまってたんだ
どうしてそんな事したのさ
君もそうだったんだね

Heat of the moment
Heat of the moment
Heat of the moment showed in your eyes

若気のいたりさ
熱くなってた
君の眼もそう言っていたね

Heat of the moment
Heat of the moment
Heat of the moment

熱くなってしまって
周りをよく見れなくなって
我を忘れて

Songwriters
WETTON, JOHN KENNETH/DOWNES, GEOFF
Lyrics c Warner/Chappell Music, Inc., EMI Music Publishing

Released in 1982
US Billboard Hot100#4
From The Album “Asia”

1982年デビューのイギリスのロックバンド、このアルバムデビューの時点の
メンバーは、

・ジョン・ウェットン(vo.b/元キング・クリムゾン、ロキシー・ミュージック、U.K.)、
・スティーヴ・ハウ(g.vo/元イエス)
・カール・パーマー(ds/元エマーソン・レイク・アンド・パーマー)
 *バンド結成当初のドラムスはサイモン・フィリップス
・ジェフ・ダウンズ(kbd/元バグルス、イエス)

とメンバー全員が、既に世界的なキャリア/知名度を得ていたミュージシャンで
あったため、デビューの時点からスーパーグループとして注目され、

「プログレッシヴ・ロックのエッセンスをポップスとして鏤めた3分半の楽曲」という
スタイルを確立し、そのスタイルにそってリリースされたファースト・アルバム
『Asia(詠時感〜時へのロマン)』は数ヶ月後には全米NO.1を9週キープ、全世界
で1500万枚のセールスを達成しています。

同アルバムからシングルカットされたこの曲『Heat Of the Moment』は全米ロック
チャート1位、全米ポップチャートでも4位となり、商業的にも成功を納めています。

その後、幾多のメンバー・チェンジを繰り返したが、2007年にはオリジナルメンバー
四人での「初来日コンサート」が、そして続く2008年にも来日を果たしています。

でも、皆、歳取っちゃってますね。合わせて自分もですけどね・・・・・



記事参照元:
 -エイジア_ウィキペディア


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。