スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

We're All Alone / ウィア・オール・アローン (Boz Scaggs / ボズ・スキャッグス) 1976



Outside the rain begins
And it may never end
So cry no more, on the shore a dream
Will take us out to sea
Forevermore, forevermore

表は雨が降り始めて
やみそうにもないね
泣かないで、浜辺にでれば
夢が沖までいざなってくれるから
いつまでも、そうずっといつまでも

Close your eyes Amie
And you can be with me
'Neath the waves, through the cave of hours
Long forgotten now
We're all alone, we're all alone

愛しいひと 眼を閉じて
僕と一緒だから
その波をくぐり
忘れ去られた時の洞をこえて
僕らだけ、僕らだけで

Close the window, calm the light
And it will be all right
No need to bother now
Let it out, let it all begin
Learn how to pretend

窓を閉め、ほのかな明かり
大丈夫さ
煩わすことはなにもない
全て水に流し、やり直そう
しっかりするんだよ

Once a story's told
It can't help but grow old
Roses do, lovers too,
So cast your seasons to the wind
And hold me dear, oh, hold me dear

語り継がれて来たストーリーも
いつしか古ぼけて行く
バラもしおれ、愛だって色あせる
君の昔も風に流して
抱いておくれ、愛しのひと
さあ僕を抱いておくれ

Close the window, Calm the light
And it will be all right
No need to bother now,
Let it out, let it all begin
All's forgotten now
We're all alone, all alone

窓を閉じ、灯を落として
もう大丈夫だから
悩むことは何も無い
全てを捨て、新たに歩き始めよう
全てを忘却のかなたへ
僕が一緒、一緒なんだ

Close the window, calm the light
And it will be all right
No need to bother now,
Let it out, let it all begin
Owe it to the wind, my love
Oh, hold me dear

窓をしめ 部屋の明かりを少し弱めて
大丈夫だろ
心配することなんてないさ
全てを忘れ、やり直すんだ
風に身をまかせて、愛しの人
抱いておくれ、最愛の君

All's forgotten now, my love,
We're all alone, we're all alone

全てを忘れて、愛しい人
ずっと一緒さ、ずっとそばにいるから

Released in 1976
From The Album “Silk Degrees”


Silk Degrees (Exp)

 *Amie:フランス語で「親友」、「恋人」と言う意味、男性と女性名詞が別々で、
  男性の場合は「ami」、女友達は「amie」と称する、発音はともに「アミ」。

この曲はボズ・ボズ・スキャッグスのアルバム「シルク・ディグリーズ」の中の1曲、
「Lido Shuffle / (リド・シャッフル)」というシングルのB面に収録されていましたが、
シングル・ヒットはしていません。

何人もの方にカバーされていますが、発表の翌年のリター・クーリッジのカバーが
ビルボードHOT 100チャートで、1977年11月26日に最高位の第7位を獲得し、
著名のものとなりました。

この曲、そんなに難解な英文ではないかとは思われるのですが、ボズの曲の邦題は
「二人だけ」だったのが、リタのものは「みんな一人ぼっち」となっており、

大きく2つに異なる内容での和訳がなされていて、「結局、我々はひとりぼっちさ」と
言う訳では、もうこの世にいない相手が恋人に「しっかりしてよ」と言う事を唄ってると
言う様な解釈がなされたりしていますが、

文法的に言うと、「みんなが一人ぼっち」と言う文章になると本来は「We all are alone」、
あるいは「All of us are alone」と言う文章である必要があり、

この「All」の使われ方は、「Alone」にかかる強調する副詞として、「全くの」と言う様な
意味になります。

また、「Alone」と言う単語は本来、「単独で」、「独立してあるいは孤立して」、「独力で」、
「~だけ」、「他と一線を画して」、「隔離されて」と言う意味合いであり、

日本語で「ひとりぼっち」と訳すと、非常に寂しいイメージに捉えてしまいますが、この
「Alone」は実際はその様な意味のない中立的な言葉です。「寂しい」の場合には、
「Ssolitary」、「Lone」、「Lonesome」、「Lonely」等が該当します。

そのため、本来の英文としてのこの文の和訳は、「全く我々だけだよ」となると思います。

但し、リタのカバーでは「Close your eyes, Amie, and you can be with me」の「Amie」
の「(女性に向けての)恋人よ」の部分を「dream」に変え、「あなたといられることを
夢見て」としていたり、アンジェラ・アキのカバー(日本語版)等から2つの意味合いを
持つ様な捉え方をされて来ているのだと思います。

自分の解釈では「窓をしめて、灯を暗くして」、その後の「抱いておくれ」から、
「僕らはそれぞれひとりぼっちなんだ」と言うのが、何か繋がらなくて、

その後に続く「let it all begin 」:「(一緒に:複数つまり二人で)一からやり直そうと」から

過去の恋人の事で、打ちひしがれている彼女に、「もう昔の事は全て忘れて、過去
にとらわれずに、僕と一緒に新たな一歩を踏み出そう、そう僕がいるじゃないか!
僕らは一緒なんだよ」と言う風にとらえました。この方が前後、全体が繋がって自然
かなって・・・・

リタ・クーリッジの当時のクリップです。
Rita Coolidge - We're All Alone







We are all alone

記事参照元:
 -ウィ・アー・オール・アローン_ウィキペディア
 -ボズ・スキャッグス_ウィキペディア
 -シルク・ディグリーズ_ウィキペディア
 -リタ・クーリッジ_ウィキペディア
 -アンジェラ・アキ_ウィキペディア

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。