スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Let's Hear It For The Boy / レッツ・ヒア・ボーイ (Deniece Williams / デニース・ウィリアムス) 1984



My baby he don't talk sweet,
He ain't got much to say
But he loves me loves me loves me,
I know that he loves me anyway

彼って、甘い囁きなんて苦手だし
口数も少ないけど
私の事ホントに愛してる
なんたって私を愛してくれてるから

And maybe he don't dress fine,
But I don't really mind
'Cause every time he pulls me near,
I just want to cheer

格好もそんなにイカシてない
けど、全然平気よ
だって彼に引き寄せられると
叫びたいくらい最高なんだから

Let's hear it for the boy
Let's give the boy a hand
Let's hear it for my baby,
You know you gotta understand
Oh, maybe he's no Romeo,
But he's my lovin' one man show
Whoa whoa whoa whoa
Let's hear it for the boy

彼に教えましょう!
分かってもらうのよ
彼に伝えるの!
わかるわよね
ロミオなんかじゃないけど
彼は私だけの大切な人なの
ねえ、彼に分かってもらうのよ!

My baby may not be rich,
He's watchin' every dime
But he loves me loves me loves me,
We always have a real good time

彼はお金持ちじゃないし
渋ちんかもね
でも私だけを愛してくれてる
一緒にいればとても幸せなの

And maybe he sings off key,
But that's alright by me, yeah
'Cause what he does he does so well,
Makes me wanna yell

歌もうまくないわ
でも、そんなことどうでもいいの
だって大声を張り上げちゃうくらい
良くしてくれるから

Let's hear it for the boy
Oh, let's give the boy a hand
Let's hear it for my baby,
You know you gotta understand
Oh, maybe he's no Romeo,
But he's my lovin' one man show
Whoa whoa whoa whoa
Let's hear it for the boy

ねえ、彼に聞かせましょう!
分かってもらうの
知ってもらうのよ!
わかるでしょ
ロミオじゃなくとも
彼は私だけの最愛の人なの
ああ
彼に教えましょう!

'Cause every time he pulls me near,
I just want to cheer

彼に抱き寄せられと
シビレちゃうんだもん!

Let's hear it for the boy
Oh, let's give the boy a hand
Let's hear it for my baby,
You know you gotta understand
Oh, maybe he's no Romeo,
But he's my lovin' one man show
Whoa whoa whoa whoa
Let's hear it for the boy

彼に教えてあげるの?
なんとか伝えたいの
分かってもらうのよ!
分かってくれるでしょ
ロミオではないかもしれないけど
彼は私だけの主人公なの
ああ
彼に分からせて!

(Let's hear it for the boy)
Let's hear it for my man
(Let's hear it for my babe)
Let's hear it my man
(Let's hear it for the boy)
(Let's hear it for my babe)
(Let's hear it for the boy)

Let's hear it for my man
(Let's hear it for my babe)
(Let's hear it for the boy)
Pull yourself together
(Let's hear it for my babe)
(Let's hear it for the boy)

彼に聞かせるの
一緒にお願い

Whoa let's hear it for my boy
(Let's hear it for my babe)
Let's hear it for my man
(Let's hear it for the boy)
(Let's hear it for my babe)
Let's it for my man

彼に分かってもらうのよ
私の人
そう、私の最愛の人に

Songwriters PITCHFORD, DEAN / SNOW, TOM
Lyrics © Sony/ATV Music Publishing LLC

lReleased in 1984
US Billboard Hot100#1(2)
From The Album"Let's Hear It for the Boy (album)"
From The Album"Footloose Soundtrack"


Let's Hear It For The Boy

 *let's hear it for~:は熟語として「~を応援する。励ます。」と言う意味があるのですが、
  その後の「let's give (someone) a hand」: 「(誰かに)手を貸す、手助けする。」を受けて、
  その語句の意味その通りで、「~に聞かせる、分かってもらう」と訳しています。

和訳した際に、この曲全編的に、「私の彼って甘い文句ひとつも言えない、服のセンスも
  無い、お金もあまり持ってないし、その上音痴のダメ男君、だけど自分のこととっても愛して
  くれて、良くしてくれて、私ひとりのヒーローなの」って感じなのですが、それで、「彼を応援
  しましょう」、「手助けしましょう」って、ちょっとつながらないなと思っての訳なのですが、

  このページの下の方にある、映画への挿入部分は、ダンスのダの字も知らない田舎の
  男の子に、都会から来たハイセンスな主人公にその彼が踊りを教わるシーンとなっており、

  「こんな駄目な彼氏だけど、でも、声援を送ってあげて、助けてあげて」と言う部分をかけて
  いるのではないかと思います。ですので、上にある歌そのもののPVとちょっとストーリーが
  違う風に受け止められるような詩作りなのかもしれません。

 * watch every dime:「けちけちする。」

映画「フットルース」の挿入歌の1曲、当時のダンス流行りと、映画の中の各曲が映像と音を
融合させたMTVでのプロモーションビデオ的な宣伝効果も相まって、映画、サウンドトラック
とも大ヒットしましたね。

先ず、ケニー・ロギンスが歌うフットルースを訳そうかと思っていたのですが、なぜかこの
曲が耳についていて、こちらを訳してみました。

全編にダンスと曲が流れ、この曲以外にも次のような曲があり、テンポのいい曲、バラードと
良い曲がもいっぱいありますので、追々、ご紹介させて頂ければなって思っています。

・「パラダイス~愛のテーマ」Almost Paradise:歌:アン・ウィルソン&マイク・レノ
・「ヒーロー」Holding Out For A Hero:歌:ボニー・タイラー
   (TVドラマ『スクールウォーズ』主題歌:歌:麻倉未稀、葛城ユキのカバーもあります。)
・「ダンシン・イン・ザ・シーツ」Dancing in the Sheets:歌:シャラマー
・「アイム・フリー」I'm Free :歌:ケニー・ロギンス
   (TVドラマ『スーパーポリス』主題歌:歌:渡辺美里)
・「誰かの愛が…」Somebody's Eyes:歌カーラ・ボノフ
・ 「ネヴァー」Never:歌:ムーヴィング・ピクチャーズ
   (TVドラマ『不良少女とよばれて』主題歌:歌:MIE)

また、当時に先にあります様にMTVでの宣伝の相乗効果で、主題歌や挿入歌、
ミュージカル映画等も歌、映画ともヒットを狙うものがいっぱいありましたね。

順不同ですけれど、「ストリート・ファイヤー」、「セントエルモズ・ファイヤー」
「フラッシュ・ダンス」、「サタデー・ナイト・フィーバー」・・・数えきれない位にありました。

やはり、青春ものが多く、ダンスを盛り込んだりと、その当時の若者対象のってやつが
殆どでしたけどね。

ですので、音、映像共に楽しめて、良かったですよ、当時は・・・・

ちなみに、この「フットルース」って言う映画、ある事故をきっかけに、若者の集まり、
当然ダンスパーティなんてもっての外って言う地方のある町に、都会からレン・マコーミック
(ケヴィン・ベーコン)が引っ越してくるんだけど、周りのお堅い大人たちの中、閉鎖的な
その町の若者の心に徐々に火をつけてって・・・って話なんですね。

映画挿入バージョン


話は単純明快ですが、スカッとして見れました。今の若い人からすると、ダンスとか、ちょっと
クラシック的かなって気はしますけどね・・・・・


フットルース

記事参照元:
 -フットルース (1984年の映画)_ウィキペディア


 
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。