スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The Way It Is / (Bruce Hornsby and the Range / ブルース・ホーンズビー・アンド・ザ・レインジ) 1986



Standing in line marking time-
Waiting for the welfare dime
'Cause they can't buy a job
The man in the silk suit hurries by
As he catches the poor ladies' eyes
Just for fun he says "get a job"

これぽっちの生活保護を受ける為に
いっこうに進まない列に並ぶのさ
職につけにないからってさ
足早に通り過ぎる
シルクのスーツに身をまとった男が
貧しいばあさんと目が合うと、
からかって言うのさ「仕事しな」ってね

That's just the way it is
Some things will never change
That's just the way it is
But don't you believe them

世の中なんてそんなもんさ
変わらないものは変わらないのさ
なるとようにしかならないのさ
それでも奴らを信じるのかい

They say “hey little boy you can't go
Where the others go
'Cause you don't look like they do”

Said “hey old man how can you stand
To think that way
Did you really think about it
Before you made the rules

He said, “Son……”

奴らは言うのさ、「なあ、ぼうず、お前はあの人たちと
同じところになんかにゃ行けやしないんだよ
だってお前に似合うはずないだろ」って

「ねえ、おじさん、どうしてそんな風に思うのさ、
規則を作る前にちゃんと考えたことあんのかよ」

「この小ぼうず・・・・」

That's just the way it is
Some things will never change
That's just the way it is
But don't you believe them

でも、そんなもんだろ
何も変わりゃしないんだ
それが世の中ってもんさ
それでも 未だ奴らを信じるのかよ?

Well they passed a law in '64
To give those who ain't got a little more
But it only goes so far
Because the law don't change another's mind
When all it sees at the hiring time
Is the line on the color bar

貧しい奴らを救おうと公民権法’64を通したが
今や跡形もなしさ
法律なんかじゃ考えは変わらないのさ
雇われる時に見られるもんときたら
肌の色だけよ

That's just the way it is
Some things will never change
That's just the way it is
But don't you believe them

そんなもんなんだ
変わらないのものもあるのさ
今まで通りさ
それでも奴らを信じるのかい?


The Way It Is

始めてこの曲と出会ったとき、あ~素晴らしいピアノのメロディラインで感激したのですが、

聴いた瞬間は歌の意味など全く分からずで、素敵な恋の歌かなんかと思ってました。
ただ、当初見たPVから、少し歌の内容に沿ったストーリーらしく、恋の歌って感じではないなって思って、
(このサイト上のPVはそれが見つからなくて、歌だけのものになっています。)

実際、訳してみるとこんな辛辣な内容だったとは・・・・・・・・・

その時代を風刺したこの曲はリリース当時も未だ根強く残っていた人種差別やそのために
続いていた黒人の権利を獲得する公民権運動、また1980年代中盤からの経済不況に
不満を抱いていたアメリカ民衆に受けいれられ、大ヒットとなりました。

ちなみにこの曲の中にある公民権法'64は特に人種差別を撤廃しようとして1964年に
アメリカで制定された法律です。

この曲の入った彼らのアルバム「ザ・ウェイ・イット・イズ」この曲以外も共通の音作りで、
ピアノをフィーチャーした軽快なメロディーの良い曲が多くマルチプラチナアルバムと
なっています。

自分は、このブルースのピアノラインがとにかく好きで、こんな風に弾けたらななんて
挑戦したともありました。中途半端で結局、猿まねでしたけど・・・・・でも、あんな風に弾けると
かっこいいでしょうね~



記事参照元:
 -ブルース・ホーンズビー_ウィキペディア

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。