スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Can't Fight This Feeling / 涙のフィーリング (REO Speedwagon / REOスピードワゴン) 1985



I can't fight this feeling any longer
And yet I'm still afraid to let it flow
What started out as friendship
has grown stronger
I only wish I had the strength to let it show

もうこれ以上この気持ちを抑えきれないよ
溢れだしそうで怖いんだ
友達と思ってきたけど
想いは、ますばかり
打ち明けられるほど勇気があったのなら

I tell myself that I can't hold out forever
I said there is no reason for my fear
'Cause I feel so secure when we're together
You give my life direction
You make everything so clear

すっと胸の内にしまっておけないだろって
自分に問いただすのさ
怖がることなんて何もない
一緒にいると安らげるから
君は僕をさとし、
物事を見極めさせてくれるんだ

And even as I wander
I'm keeping you in sight
You're a candle in the window
On a cold, dark winter's night
And I'm getting closer
than I ever thought I might

いつだって君を見て来たんだ
君は、まるで、寒くて暗い冬の夜に
窓に映る暖かいろうそくの様さ
想っている以上にどんどん
近しい存在になっていくんだよ

And I can't fight this feeling anymore
I've forgotten what I started fighting for
It's time to bring this ship into the shore
And throw away the oars, forever

もう耐えられないよ
なんで我慢しなきゃいけなかったのかって
もう船を岸につけて
オール捨てる時が来たのさ、これからずっと

'Cause I can't fight this feeling anymore
I've forgotten what I started fighting for
And if I have to crawl upon the floor
Come crashing through your door
Baby, I can't fight this feeling anymore

もう、我慢できないよ
この気持ちに抗うことなんてないんだ
どんなに大変でも
君に打ち明けるよ
ベイビー、もうこの気持ち抑えきれないんだよ

My life has been such a whirlwind since I saw you
I've been running round in circles in my mind
And it always seems that I'm following you, girl
'Cause you take me to the places
That alone I'd never find

君とと出会ってから
僕の人生は目まぐるしかった
堂々巡りで答えが見つからずに
でも、ずっと君を追っかけてたんだ
いつも新たな気持ちにさせてくれるから

And even as I wander
I'm keeping you in sight
You're a candle in the window
On a cold, dark winter's night
And I'm getting closer than I ever thought I might

いつだって君ばかりを見ていたよ
冷たく暗い真冬の夜に
灯をともす窓辺のろうそくの様に
僕が想う以上に君は
ますます身近な人になっていくんだ

And I can't fight this feeling anymore
I've forgotten what I started fighting for
It's time to bring this ship into the shore
And throw away the oars, forever

この気持ちに抗えないよ
なんで抑えていなきゃいけなかったんだろ
船を岸辺に着け
永遠にオールを手放す時が来たんだよ

'Cause I can't fight this feeling anymore
I've forgotten what I started fighting for
And if I have to crawl upon the floor
Come crashing through your door
Baby, I can't fight this feeling anymore

この気持ちもう抑えきれないんだよ
なんで我慢していていたんだろう
床に這いつくばってでも
君の心の扉を開けてみせるよ
ベイビー もう、堪らないんだよ

Songwriters Kevin Cronin
Published by FATE MUSIC

Released in 1985
US Billboard Hot100#1(3)
From The Album “Wheels Are Turnin'”


Wheels Are Turnin'

REOスピードワゴンは1967年にで結成し、1971年にデビューしたアメリカのロックバンド、

デビューから地道に各地でライブ活動をしてきたバンドです。その甲斐あってか、
この曲を含めいくつかのヒット曲を生み出しました。

メンバーも脱退、再加入を繰り返していますが、それも1980年あたりから落ち着いて
来ますが、1991年にいったん解散、でも翌年の後半に再結成し、現在も活動を続け
ています。

この曲は1985年ビルビード・ヒットチャートで3週間連続1位を獲得しています。このPV
では、生まれてから、最愛の妻に先立たれる男の一生を描く様なストーリーで、
最後の出て来る老人は、ボーカルのケヴィンが特殊メイクによるものです。

歌詞の内容を見るとストーリーが?ってとこもありますが、始め友達と思っていた
彼女がいつの間にか最愛の人になってきて、抑えきれない位その想いが胸いっぱいで
それを打ち明けるんだとメロディと相まってしんみり聞けるソングと思います。

記事参照元:
 -REOスピードワゴン_Wikipedia

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。