スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Glory Of Love / グローリー・オブ・ラヴ (Peter Cetera / ピーター・セテラ) 1986



Tonight it's very clear
as we're both lying here
There's so many things I wanna say

I will always love you
I will never leave you alone

今夜、君の側らに横になって
気づいたんだ
君へのあふれる思いがあるってことを

ずっと君をを愛すよ
決してひとりぼっちにはしないさ

Sometimes I just forget
say things I might regret
It breaks my heart to see you crying
I don't wanna lose you
I could never make it alone

時々、傷つく様な事を言ってしまう
でも、君が泣くと胸が張り裂けそうだ
君を失いたくないんだ
僕だけじゃ出来なかったよ

'Cos I am a man who will fight for your honor
I'll be the hero that you're dreaming of
gonna live forever
knowing together That we did it all
for the glory of love

君の誇りの為に立ち向かうよ
君が夢見るヒーローになるさ
愛の威厳を胸にずっと生きよう

You keep me standing tall,
you'll help me through it all
I'm always strong when you're beside me
I have always needed you
I could never make it alone

今の自分がいられるのは君のおかげさ
君がいたから出来たんだ
君がいれば大丈夫
だから君がずっと必要なんだ
一人では成し得なかったさ

'Cos I am a man who will fight for your honor
I'll be the hero that you're dreaming of
gonna live forever knowing together
that we did it all for the glory of love

君の誇りにかけて戦うよ
君が望む男になるのさ
愛の尊厳を噛み締めて永遠に生きよう

Just like a knight in shining armor
from a long time ago
Just in time I'll save the day
Take you to my castle far away, yeah yeah

まるで中世のまばゆい鎧に身を包んだ騎士さ
星の王子様のようにギリギリのピンチから君を救い
我が城へ連れて行くのさ

I am the man who will fight for your honor
I'll be the hero that you're dreaming of
gonna live forever knowing together
that we did it all for the glory of love

君にふさわしい男になるのさ
君の王子様になってみせるよ
栄えある愛を胸に、これから一緒に生きて行こう

I am the man who will fight for your honor
I'll be the hero that you're dreaming of
gonna live forever knowing together
that we did it all for the glory of love

君の名に懸けて戦うよ
君の思う通りのヒーローになってみせる
愛の尊さを忘れず人生を共にして行こう

Songwriters
CETERA, PETER P. / NINI, DIANE / FOSTER, DAVID WALTER
Lyrics © Universal Music Publishing Group, Peermusic Publishing, EMI Music Publishing

Released in 1986
US Billboard Hot100#1
From The Album "Solitude/Solitaire."


ソリテュード~ソリティア

この曲はピーター・セテラがシカゴ(バンド)を脱退した直後の1986年に発表したソロ
アルバム「Solitude/Solitaire」の1曲、映画「ベスト・キッド2」に採用され、その劇場
公開と同時にリリースされました。

同年、ビルボード・ホット100で堂々1位に輝いたソロデビュー初の大ヒット作です。
ピーターはソロになってからもいくつかのヒットを飛ばしています。

「ベスト・キット2」は前作の続き何とかダニエルが空手大会で優勝したところから始まり、
恩師のミヤギに父危篤の知らせが入り、急きょ沖縄へ、友人でもあるミヤギを案じ
ダニエルも同行して沖縄へ、そこにはかつてミヤギとの間で同じ一人の女性を愛し、
長き因縁のあるサトウと言う男が待っていた。

サトウはミヤギに決闘を申し込むが、ミヤギはそれを断る。一方、ダニエルはそこで
クミコと言う女性と出会い、お互い惹かれ合って行くが、サトウの部下に邪魔され
恋を成就する事が出来ない。

そんな中、サトウは決闘を決行する為に村の畑を根こそぎ枯らすと言う強硬手段に
でる。村人の困難をほおっておくわけには行かないミヤギは決闘の申し込みを受け
入れる事に、しかし、その決闘の夜に巨大な竜巻が接近しつつあった・・・



映画はヒットした1作目からの製作となるましたが、舞台は日本の沖縄、但し、実際の
撮影は日本では行われておらず、また、外国映画特有の外国から見た日本的で、
一部の描写や時代考証等、日本人からすると、かなりずれがあり、おかしなところも
正直見受けられます。

前作では「片足白鳥蹴り」(すいません。私の勝手な命名です。)から2作目はラスト
シーンで村人が皆、「でんでん太鼓」を持ち??、「でんでん太鼓(打ち)拳」で宿敵を
倒すってところは、ちょっと目が点になってしまいましたが・・・・・



ダニエルのお相手役クミコを演じていらっしゃる女性は「タムリン・トミタ」さんで、日系アメリカ人父と
日系フィリピン人の母親との間(父母いすれも日系)に生まれたハーフ、沖縄県嘉手納基地で生まれ、
ロスアンジェルスで育ったアメリカの女優さんです。


ベスト・キッド2 [DVD]


記事参照元:
 -ピーター・セテラ_ウィキペディ
 -ベスト・キッド2_ウィキペディア
 -タムリン・トミタ_ウィキペディア
 -Glory of Love_Wikipedia (英語)


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。