スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Authur's Theme (Best That You Can Do) / ニューヨーク・シティ・セレナーデ (Christopher Cross / クリストファー・クロス) 1981



Once in your life you will find her
Someone who turns your heart around
And next thing you know
You're closing down the town
Wake up and it's still with you
Even though
you left her way across town
Wondering to yourself,
Hey what have I found

誰もが一度は出会うんだ
君を心底とりこにしてしまう人に
例え心を閉じても、寝てもさめても
頭から離れないって
彼女を心の彼方においやろうとしても
自分はどうしちまったんだって思うのさ

When you get caught
between the moon and New York City
I know it's crazy but it's true
If you get caught
between the moon and New York City
The best that you can do
The best that you can do
Is fall in love

ニューヨークでと月夜の晩を過ごせば
そう おかしなことがおこるんだ でもホントだろ

だからニューヨークの月夜に一番は
そう、一番なのは
恋に落ちてしまうってことさ

Arthur, he does as he pleases
All of his life his master's toys
And deep in his heart he's just
He's just a boy

アーサーは自分の思う様に生きてる
親父さんのいいなりだけど
でも 彼の心は少年のままなんだよ

Living his life one day at a time
He's showing himself
a pretty good time
He's laughing about the way
they want him to be

彼はその日暮らし
全て自分の良い様に考えて
他人が求めることなんて
どこ吹く風さ

When you get caught
between the moon and New York City
I know it's crazy but it's true
If you get caught
between the moon and New York City
The best that you can do
The best that you can do
Is fall in love

ニューヨークでの月夜の夜は
不思議なことがおこるんだ、うそじゃないだろ
ニューヨークで月夜の晩過ごせば
やれることは、ただひとつ
そうひとつだけ
恋に落ちてしまえばいいのさ

Songwriters: ALLEN, PETER W. / BACHARACH, BURT F. / CROSS, CHRISTOPHER C. / SAGER, CAROLE BAYER
lyrics © Universal Music Publishing Group, Warner/Chappell Music, Inc.

Released in 1981
US Billboard Hot100#1
From The Album
“Arthur Original Soundtrack”


ヴェリー・ベスト・オブ・クリストファー・クロス

この曲はアメリカの男性シンガーソングライターのクリストファー・クロスがスティーブ・ゴードン
(Steve Gordn)監督・脚本のラブロマンスコメディ映画「ミスター・アーサー(Arthur)」の主題歌
として書き下ろした曲

この曲はアカデミー歌曲賞をバート・バカラック、キャロル・ベイヤー・セイガー、ピーター・アレン
とともに受賞。ビルボード(Billboard)誌で1981年10月17日に週間ランキング第1位、1981年
ビルボード誌年間ランキングでは第12位を獲得しています。

容姿からはちょっと想像もつかないような?澄んだ天使の様なハイトーンボイスでこの他にも
幾つもの賞を受賞している実力派シンガーです。

* get caught between the moon and New York City: 直訳すると「月とニューヨークに捕まって
 (挟まれて)しまう」となりますが、月とニューヨークとの間に挟まれる、つまり、月とニューヨーク
 が一緒にある。この際の「get caught between」は、ある2つの条件下にあると言う様な意味合い
 になるので、その様な訳にしています。

*closing down the town:そのままだと「街(から)を閉める(閉め出す)」ですがその後の
 「you left her way across town」で「彼女を街の彼方に追いやって」を受け、また前後の歌詞
 から「town」を「自分の心」と解釈して、「忘れようとしても、頭の奥においやっても」と言う風な
 訳にしました。

「ミスター・アーサー(Arthur)」のあらすじは、ニューヨークの大富豪の御曹司のアーサー・バックは
働きもせず、放蕩生活をつづけ自由気ままに暮らしてきたが、それを見かねた父親が、逆らったら
財産を相続しないと、ある大富豪との娘との政略結婚を迫ってきた。

仕方なく一旦は承諾するも、何か虚しくなってしまったアーサーは、ある日街で失業している父を
励ますためにプレゼントをあげようと高級メンズ・ショップで万引きして捕まっていた女優希望リンダ
という娘と出会い彼女を助けます。アーサ-は彼女が悪い事をしたものの、その素朴で純粋な心
を持った娘にいつしか恋に落ちて行きます。

父親からの結婚話をけったら一文無し、でもますますリンダを愛して行く自分・・・・・
さて、アーサーはどのような道を進んで行くのか?・・・・・と言うストリーです。

2011年にはリンダーがナオミと言う女性になり「ミスター・アーサー2」と言うリメイク版映画も製作
されています。


ミスターアーサー

記事参照元:
 -クリストファー・クロス
 -ミスター・アーサー
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。