スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

While You See A Chance / ユー・シー・ア・チャンス (Steve Winwood / スティーブ・ウィンウッド)1980



Stand up in a clear blue morning
until you see what can be
Alone in a cold day dawning,
are you still free?
can you be?

物事を見極められるまで
青く澄んだ朝にたたずみ

寒い日の夜明けに1人
君はまだ何にも束縛されずに
いられているかい?

When some cold tomorrow finds you,
when some sad old dream reminds you
How the endless road unwinds you

寒い明日に出合い
悲しい古い夢を思い出すとき
永遠の道のりが
君を解放してくれるのさ

While you see a chance take it,
find romance fake it
Because its all on you

チャンスがあるなら
掴むんだ!
ロマンスに出合ったら
やってみるのさ!
だってすべては
君次第なのだから

Don't you know by now
no one gives you anything
Don't you wonder
how you keep on moving
one more day your way

誰も何も与えてくれないって事を
分かっているかい?
どう進んで良いか迷っていないかい?
もう一日だけ自分の思う様に進んでみよう

When there's no one left to leave you,
even you don't quite believe you
That's when nothing can deceive you

自分自身も信じられない程
周りには誰も残っていないんだ
それは何も君を偽るものがないと言う事さ

Stand up in a clear blue morning
until you see what can be
Alone in a cold day dawning,
are you still free?
can you be?

物事を見極められるまで
青く澄んだ朝にたたずみ

寒い日の夜明けに1人
君はまだ何にも束縛されずに
いられているかい?

And that old gray wind is blowing
and there's nothing left worth knowing
And it's time you should be going

昔の灰色の風が吹き
何も知り得るものなどないんだ
さあ、突き進んで行こう

チャンスに出合ったら
逃さずに!
ロマンスを見つけたら
チャレンジしてみるのさ!

リフレイン

Songwriters: WINWOOD, STEVE/JENNINGS, WILL
lyrics c Warner/Chappell Music, Inc., Universal Music Publishing Group

Released in 1981
US Billboard Hot100#7
From The Album“Arc Of A Diver”


While You See A Chance

*fake:「見せ掛ける」、「ごまかす」と言う意味なのですがこの歌の意味としては、
先ずは本当に実らないとしても、とにかく恐れずにチャレンジしてみようよと言う
様なニューアンスだと思います。

1980年にビルボードで最高7位まで上昇したスティーヴ・ウィンウッドのヒット曲、
光るピラミッドに全身黒ずくめ男女が鏡をかざし光を反射させると言う様な神秘的
なPVです。

当時は曲の歌詞は気にしておらず(と言うか訳せなかったがホントかな)、
メロディ-や雰囲気が素敵な曲だなと心に残っていましたが、

歌手名、曲名も覚えておらずで、
つい最近Youtubeの1980年代ヒット曲をあつめたクリップからふと再会しました。

今更、曲を訳してみると、とにかく迷わず自分を信じて前進していきなさいと言う様な
元気づけられる曲で、ますます気に入ってしまいました。

Youtubeにはエリッククラプトンとの共演や日本公演時のものがアップされています。



スティーヴ・ウィンウッドはイギリスのミュージシャンでスペンサー・デイヴィス・グループの
一員、1960年代中盤に「ギミー・サム・ラヴィン」などで人気を博し、グループを脱退後は
トラフィックに加入、

1970年代後半以降は、ソロ・アーティストとして活動。主なヒット曲に、「ハイヤー・ラヴ」
「ロール・ウィズ・イット」などがあります。

「ローリング・ストーン誌の選ぶ歴史上最も偉大な100人のシンガー」において第33位
に輝いています。


スティーヴ・ウィンウッド

参考参照先:
 -スティーヴ・ウィンウッド - Wikipedia
 -公式サイト(英語)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。